タミフルの有効期間

タミフルの有効期間

タミフルは特に日本で多く使用されているインフルエンザ治療薬です。そのタミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用しないと効果が見られませんので、インフルエンザの兆候がみられた際には早急に病院にかかるようにしましょう。

タミフルの服用時間

タミフルはインフルエンザの治療薬として有効性の高さから大きな期待を集めてきた医薬品です。オセルタミビルを有効成分として含み、正しく服用することでインフルエンザからの回復を平均して1日程度短くすることができます。インフルエンザによる高熱や悪寒、筋肉痛などといった症状が1日でも早く改善されるのならタミフルを飲みたいという人が多く、インフルエンザが疑われたら薬を処方してもらいに医者にかかる人が多くなっています。その服用時間として覚えておくべきなのが、発症してから48時間以内、できれば24時間以内に最初の1回を服用しなければ効果は保証されていないということです。そのため、タミフルを処方してもらったら、まずはその場で1回目を服用するということが大切になります。その後は1日2回を5日間飲み続けるということが重要です。たとえ治ったと考えても、実際には身体の中には大量のインフルエンザウイルスがいることが多く、それが完全にいなくなるまで徹底的に治療を行わなければなりません。そのための5日間連続した服用であり、途中でやめてしまって生き残るインフルエンザウイルスが多いと、それだけタミフルに耐性を持つウイルスが出現しやすくなってしまいます。タミフル耐性ウイルスも増加する傾向にあってしばしば問題として取り上げられるようになってきていますが、そういったウイルスを増やさないためにも5日間服用を続けるということは忘れてはなりません。また、治ったと考えて1日1回に減らしてしまう人もいますが、これも厳禁です。十分な血中濃度が得られないために治療効果を期待できず、耐性ウイルスの出現を促してしまうリスクを高めることになるからです。

タミフルは風邪には効かない

インフルエンザは普通の風邪とは異なり、ほうっておくと重症化しやすいので早めに治療することが大切になります。インフルエンザの治療にはタミフルを使用することが多いですが、実は普通の風邪をひいている時に飲んでも効果がないことをご存じでしょうか。
そもそもタミフルというのはインフルエンザウイルスが繁殖をするために必要な酵素であるノイラミニダーゼを阻害することでウイルスの増殖を防ぐ薬であり、ウイルスそのものをやっつける薬ではなく、服用したからといって症状が収まるわけではありません。そのため、普通の風邪のウイルスには効果がなく、インフルエンザの中でもA型にのみ有効であり、B型やC型に感染している場合にはタミフルを服用してもあまり効果がないとされています。ただ、場合によっては風邪にも有効とされることもありますが、それはインフルエンザか風邪なのかどちらなのかわからない状態であるときに処方されることがあるというだけで、普通の風邪の場合にはあまり服用しても意味がありません。そして、タミフルを服用したからといって劇的に症状が落ち着くというわけではなく、解熱剤などを使用して普通に安静にしているより一日くらい早く治るというだけであり、むしろタミフルを服用することで起こる問題行動が起こる方が問題であるとされています。また、タミフルやリレンザといったインフルエンザ治療薬は、48時間以内に服用することで効果を発揮するもので、その時間を過ぎてから服用しても効果がない場合が多いです。飽くまでタミフルはインフルエンザ用の薬であるため、普通の風邪に感染した場合には病院に行くか市販の風邪薬で治すのが最適な方法と言えるでしょう。

タミフルの主作用

タミフルはインフルエンザウイルスのA型またはB型に効果のある薬で、主に感染予防に用いられます。インフルエンザウイルスは侵入した細胞内でRNAと呼ばれる遺伝子情報を放出し、ウイルスに必要なタンパク質合成を行うと細胞外に放出し、他の細胞に取り付いて増殖していきます。インフルエンザを細胞外に放出する際、ノイラミニターゼという酵素がウイルスの遊離する過程を促進するので、タミフルの主成分であるオセルタミビルが、このノイラミニターゼを阻害してウイルスの増殖を抑えます。つまりインフルエンザウイルスが繁殖するのを抑える薬がタミフルというわけです。そのためインフルエンザウイルスを退治するわけではなく、肺炎や急性脳症などの合併症を防止したり、感染期間を短くするための薬となっています。ウイルスを細胞外に感染させないという作用機序のため、既に細胞内で増殖してしまったウイルスには意味がなく、初期症状から48時間以内の使用でないと効果が薄くなります。そのため発見が遅れた場合はタミフルが処方される可能性は少なく、熱を抑える解熱剤やうがい薬などを使った対処療法を行うことになります。タミフルはインフルエンザA型と比べてB型には効きにくいとされているため、医師によっては他の抗インフルエンザウイルス薬を処方される場合があります。また錠剤以外にも注射による予防接種の方法もあり、重篤な副作用が起きないことがわかっているため、限定的ですが妊婦にも使用されることがあります。オセルタミビルの使用によって異常行動の問題があったため、5歳以上10歳未満の子どもには医師の判断によって、10歳以上の未成年には使用を控えるように厚生労働省から言い渡されています。
■インフルエンザもいまや通販で治療
タミフル 通販
インフルエンザ 薬