タミフルの有効期間

タミフルは特に日本で多く使用されているインフルエンザ治療薬です。そのタミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用しないと効果が見られませんので、インフルエンザの兆候がみられた際には早急に病院にかかるようにしましょう。

タミフルと違いノロウイルスに有効な薬と高齢者負担額

ウイルス感染における治療薬はウイルスに特異的な酵素を標的とするのが一般的なアプローチです。ウイルスの増殖に関わる酵素を阻害することによってウイルスが増えることを抑制し、免疫系によってウイルスを死滅させることで治療を行うというのが抗ウイルス薬開発の考え方となっています。その酵素がある種のウイルスに特異的であればそのウイルスにしか効果がありませんが、多くのウイルスに共通している場合にはその分だけ多くのウイルス感染に対して有効性が期待できます。タミフルはノイラミニダーゼというインフルエンザウイルスに特異的な酵素を阻害することで治療を実現します。そのため、タミフルはインフルエンザ治療には有効ですが、ノロウイルスのような他種のウイルスに対しては有効ではありません。一方、ファビピラビルを成分として含む新規治療薬はRNA依存性RNAポリメラーゼの阻害剤であり、比較的幅広いウイルスに対して効果があります。ファビピラビルはタミフルとは異なり、インフルエンザウイルスだけでなくノロウイルスにも効果があると期待でき、ノロウイルス感染治療薬としての可能性が調べられてきています。こういった薬による治療法がある一方で、予防のためにはワクチン接種が有効です。特に高齢者のインフルエンザ対策では感染による重篤化が懸念されることから予防接種の支援が行われています。高齢者負担額は一般の人よりも少なくなるように公費で負担がなされるようになっています。高齢者負担額は実施している自治体によって異なるものの、65歳以上または基礎疾患を持つ60歳以上の高齢者は定められた高齢者負担額で予防接種を受けることができるようになっています。