タミフルの有効期間

タミフルは特に日本で多く使用されているインフルエンザ治療薬です。そのタミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用しないと効果が見られませんので、インフルエンザの兆候がみられた際には早急に病院にかかるようにしましょう。

冬に流行る風邪とタミフルで治療するインフルエンザ

毎年冬シーズンになると問題なる感染症が風邪とインフルエンザです。どちらも呼吸器症状が出ますが、この二つを見分けることはすぐにできるのでしょうか。まず風邪は冬シーズンに限らず夏シーズンでも一般的にみられる病気です。風邪を引くと、鼻水が出る、咳が出る、発熱するなどの症状が出ます。症状がひどい場合には、病院に行き、薬を処方され、数日で改善することがほとんどです。大人などもともとが健康体で抵抗力がある人の場合は、自宅療養によって風邪を改善させることもできます。しかし、風邪と呼ばれる病気の根底には、別の小児の流行り病などがあることもあり、数日で治らずに症状が続くこともあります。そしてその原因がはっきりするまで検査をしたり、症状が長引いてしまうこともあるのです。一方インフルエンザは急激な発熱、関節痛などによ症状が急激に出ます。また流行が多いシーズンになるとみんなが注意しているために、症状を発生すると、すぐにインフルエンザを疑う人も多いでしょう。そして病院に駆け込む人も増えてきます。インフルエンザの場合は、鼻腔の検査により、15分程度でその感染の有無を知ることができます。もし感染が確認された場合には、症状が出始め48時間以内の場合には、タミフルを処方されることが多いです。インフルエンザを発症してから48時間以内のタミフルは、その重篤化を避けることができ、治療に効果的とされています。一方48時間を超えてしまうと、そのタミフルの効果はあまり期待できないといわれますので、症状が出たらすぐに病院にいって診察、検査を受けることが大切です。そのため冬になると風邪とインフルエンザの症状には気を付けておかないといけないですね。