タミフルの有効期間

タミフルは特に日本で多く使用されているインフルエンザ治療薬です。そのタミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用しないと効果が見られませんので、インフルエンザの兆候がみられた際には早急に病院にかかるようにしましょう。

医療機関のパンデミックワクチン作成で完成するタミフル

毎年インフルエンザは流行し、その型も年々で変わります。そのため適時新しい新薬が登場し、地検の後に使用されます。そのうちインフルエンザに対し、タミフルが効果的という成果が多く認められたこともあり、多用される時期がありました。実際に医療機関でも処方され、効果は認められていました。しかし新型のインフルエンザへの薬を作るにあたり、ウイルスを入手しない限りワクチンは作ることは出来ません。そのため後に作られるタミフルはインフルエンザが発生してから製作に移るということになります。そのためパンデミックワクチンとも呼ばれます。インフルエンザ自体の感染力は非常に強く、一人が発症するとその周りの人々にも感染が及びます。そのため、対応が必然的に遅くなるためパンデミックに至ります。医療機関でも予防指導はされますが、発症するときはしてしまいます。また薬も処方されますが、効果はあまり保証されていないことが多いです。
インフルエンザは死に至るケースもあり、とても危険な病気です。発症すると発熱に加え、嘔吐や倦怠感、疲労に食欲不振などさまざまな症状を招きかねません。また高齢者の感染の場合、発熱が伴わないこともあり、感染の発覚が遅れるケースもあります。そうなると医療機関への受信や治療などの対応が遅れることに加え、感染源になっていることに気付かずパンデミックを引き起こしかねません。
昨年のインフルエンザウイルスをベースに作るプチパンデミックワクチンというものも存在しますが、ウイルス自体の種類や型が毎年変わるため、効果としては薄くパンデミックワクチンのタミフルには敵いません。そのため、先ずは徹底した予防を行うことと、体調の変化があるときはすぐに受信し、検査することが重要となります。