タミフルの有効期間

タミフルは特に日本で多く使用されているインフルエンザ治療薬です。そのタミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用しないと効果が見られませんので、インフルエンザの兆候がみられた際には早急に病院にかかるようにしましょう。

岡山県の鳥インフルエンザと流行状況を見てタミフルを

季節性のインフルエンザは誰もが恐れる感染症の一つですが、インフルエンザウイルス自体は冬に限って活動しているわけではありません。人がウイルス感染を受けやすく、ウイルスにとってもよい環境ができてしまっているのが日本の冬であり、それゆえにインフルエンザが毎年流行するだけなのです。そのため、インフルエンザの流行状況については年間を通してアンテナを張っておくことが大切です。特に岡山県で鳥インフルエンザによる鶏の死亡が問題になるなど、国内においても高病原性鳥インフルエンザへの懸念が広まっています。岡山県に限らず九州地方を中心として養鶏場でインフルエンザの広がりが散見されることから、その中から人に感染する新型インフルエンザがいつ登場するかわかったことではありません。たとえ岡山県で発生したとしても、鳥は羽をもって長距離をいどうすることができるため、次に北海道で発症が確認されてもおかしくはありません。もし鳥インフルエンザが新型インフルエンザとして猛威をふるい始めたら、地域での流行状況に敏感になっておかなければいつ感染してしまうかわからないのです。そういった際にはタミフルの活躍が期待されます。治療において役立つだけでなく、予防においても活用できるのがタミフルです。季節性でない場合にはワクチンの準備もされていないことから大流行を起こす危険性があり、タミフルを予防投与して未然に感染を防ぐという動きが強まるでしょう、地域での流行状況を見ながら、危険を感じたらタミフルを予防のために飲んで準備をすることで、蔓延を防ぐという社会貢献にもなります。そういった事態を想定してタミフルを手元に準備しておくのも賢い方法です。